ホーム>タイルリニューアル

タイルリニューアル

タイル工事の特長

タイル補修

タイルは、コンクリート躯体に接着し守る役目を持っています。目地の箇所はモルタルによって埋められていています。目地のモルタルの劣化や、タイルの剥がれ破損によって、コンクリート躯体自体にダメ-ジが及び、安全面での問題場合も発生いたします。 汚れや、ひびの入った建物は資産の価値も低くなり、入居率にも影響を与えて来ます。建物の美観を維持するのと共に、建物の寿命を守るためにも必要な工事がタイルリフォーム工事になります。

 タイル工事の種類

タイルリフォーム工事の種類について、破損やヒビの入った箇所の補修、目地の劣化箇所の補修
汚れてしまったタイル箇所の洗浄等、状況に合わせた様々な施工がございます。
ここでは一般的な工法を紹介いたします。

タイル交換工事

タイル交換工事

破損箇所や、浮いてる箇所を調査し周りのタイルに合わせて違和感の無いように仕上げていきます。
外壁調査によってタイルの剥がれそうな箇所も診断いたします。

タイル洗浄工事

 

経年変化や、周りの環境にり、コケやたまった汚れたを高圧洗浄をします。また試験施工を行い洗浄の効果を調査した後、酸性洗浄薬液を使用し弱くなった塗膜を剥がします。タイル・壁本来の輝きを取り戻します。

タイル洗浄前 タイル補修後

タイルリフレッシュ

タイルの塗装(美観の向上)

  • セラミック成分を複合化することにより、塗膜は高硬度、低帯電性、親水性を示し、汚れを寄せ付けず、付着した汚れも雨などで洗い落とすため、いつまでも美しい表面を維持することができます。またアクリルシリコン樹脂を採用することで、卓越した耐久性、耐候性を発揮します。
  • 耐水性、耐酸性、耐アルカリ性に優れているため、長期に亘り目地の中性化防止、塩害防止、酸性雨による劣化を防止し、防水性を向上させます。
  • アクリルシリコン樹脂のもつ強靭な化学構造(シロキサン結合)と下地への優れた浸透性により、シーラー不要で直接下地と強固に密着します。

タイルの塗装防水

タイル塗装外装タイル仕上げの建物は、美しく、耐久性にも優れているので、近年非常に多くなっております。

しかし、長期にわたる紫外線、温冷繰り返し、雨水、塵埃、酸性ガス、風、振動などの影響によって、タイル仕上面に汚染物の付着、ひび割れ、浮き、剥落、目地部よりのエフロレッセンスおよび中性化の拡がりなどの各種の劣化現象がみられ、タイル表面の適切な補修は、重要になってきております。

一方、コンクリート打放し面についても風合いを生かしつつ防水・躯体保護を行うことは重要であります。

トーラスジャパンでは、耐久性に優れたアクリルシリコン樹脂透明塗膜を使用しています。
耐久性、防水性、施工作業性、意匠性に優れタイル張り面及びコンクリート打放し面の外観を損なわずに、いつまでも美しく維持することが可能です。

タイルの超撥水

ナノ粒子のシラン・シロキサンを主成分とした高機能な超撥水材です。塗布後素早く浸透して、コンクリートやモルタルの表層に超撥水層を形成します。同時に、内部に深く浸透して空隙を充填し、緻密な吸水防止層を形成します。
耐候性にも優れ、長期間に渡って塗布面を保護します。

ご質問・お問い合わせはお気軽に!こちらからご相談ください!