ホーム>無足場工事

無足場工事

無足場工法(ブランコ)とは?

無足場工法(ブランコ)

無足場工法(通称ブランコ)とは、ビルのガラス清掃などで使われている方法で、屋上からロープでぶら下がり宙吊りのかたちで作業を行う高度な技術です。
この無足場工法により、ビルの高所でなおかつ、足場の組めないような狭い箇所でも、様々な作業が可能になります。

従来はビルメンテナンスで用いられてきた技術ですが、弊社は防水業者としてこの技術による施工を可能としています。

無足場工法(ブランコ)のメリット

  • 大掛かりな足場を組まずに施工することが可能なため、施工費用を大幅に抑えることができます。
  • 足場を組まないということは、それだけ工期のスケジュールも短くできるというメリットも生まれます。
  • 足場を組まないので、入居者や利用者への建物への制限も少なくなります。また見た目にも工事中という圧迫感を軽減させることができるといえます。

このように無足場工法(ブランコ)は非常に大きなメリットがありますので、予算や足場の問題でお悩みの方は、ぜひともトーラスジャパンへお問い合わせ下さい。

ご質問・お問い合わせはお気軽に!こちらからご相談ください!