ホーム>業務紹介

業務紹介

防水工事

新築に近い状態であれば、雨水は屋根や外壁の表面を流れ落ち、建物に内部に入ることはありませんが、屋根、外壁の経年劣化やシーリング・コーキング材の劣化あるいはヒビ割れ、サッシの隙間といったわずかな箇所から内側に浸入する場合があります。 また、サイディングなどはサイディングの裏面の結露によって建物内部に水がたまることもあります。
防水工事は、これらの屋根・外壁で防ぎきれなかった雨水や、内部の結露、あるいは経年劣化によるヒビ等の隙間から入り込んだ雨水が、構造体にまで達しないようにするものです。

塗装工事

建物の構造体を保護するために外壁には塗装をしています。その皮膜が雨、風や紫外線などの有害物質の透過浸入を食い止め、壁内部の鉄筋や木軸を保護しているのです。ですから、外壁の塗装の劣化や剥がれを見つけたら塗り替えが必要なのです。また、美観の面からも築10年ほど経過した建物は、どうしても汚れが目立ってきます。これは塗膜が劣化し撥水性を失っているからです。
建物の耐久性を増すと共に新築のような美しさを取り戻す為に、外壁の塗装をお勧めします。

建物調査

建築物に対する仕上は、意匠目的及び下地保護を目的に施工されています。
また、防水は建築物に対する雨水の浸入を防ぎ、人間の生活や資産を保管する環境を維持する為に躯体を腐食や劣化から守っています。
従って外装の仕上げ・防水に生じる劣化を放置すると、その下にある躯体面の経年劣化が進み、将来思わぬ補修費用が掛かることがあります。
建物の維持管理で、瑕疵の発生を予測する事は難しい事ですが、定期的な調査・点検等により建物の変化を見極め、補修・修繕などをする必要があるかを検証していきます。
弊社では、防水層及び、外壁仕上げ面でのひび割れ・浮き落下等の危険性の有無を調べ、合わせて今後の維持保全を計画する上での資料とする事を目的としております。

タイルリニューアル

タイルは、コンクリート躯体に接着し守る役目を持っています。目地の箇所はモルタルによって埋められていています。目地のモルタルの劣化や、タイルの剥がれ破損によって、コンクリート躯体自体にダメ-ジが及び、安全面での問題場合も発生いたします。
汚れや、ひびの入った建物は資産の価値も低くなり、入居率にも影響を与えて来ます。建物の美観を維持するのと共に、建物の寿命を守るためにも必要な工事がタイルリフォーム工事になります。

無足場工事

無足場工法(通称ブランコ)とは、ビルのガラス清掃などで使われている方法で、屋上からロープでぶら下がり宙吊りのかたちで作業を行う高度な技術です。
この無足場工法により、ビルの高所でなおかつ、足場の組めないような狭い箇所でも、様々な作業が可能になります。

従来はビルメンテナンスで用いられてきた技術ですが、弊社は防水業者としてこの技術による施工を可能としています。

耐震補強工事

弊社では、主に、住宅購入前や居住中の住まいの耐震診断を実施しております。
耐震診断とは、現地での建物調査や図面のチェック等を行い専用のソフトにて耐震性をチェックおこない大地震の揺れで既存建物が倒壊しないかどうかを見極める調査です。

引っ越す前、またはリフォーム前に耐震診断をして、補強が必要であればしっかり補強を行ってから住まわれる事をお勧めします。
ご質問・お問い合わせはお気軽に!こちらからご相談ください!